BLOG

blog

『六月物語』ピッポ・デルボーノさんからビデオメッセージが届きました!

10年ぶりの来日、『六月物語』を上演するピッポさんからメッセージが届きました!

2007年に上演された『戦争』『沈黙』は、
ご覧になったお客様や、当時を知るSPACのスタッフたちが
今なお「忘れられない」「衝撃だった」と語ることもしばしば。

ピッポさんも、静岡に再びいらっしゃることをとても楽しみにしてくださっているようです。

・・・・・・・・

皆様こんにちは。
私は現在トリノで、自分の劇団と「orchids(蘭)」を上演しています。
今回、静岡に再び訪れることになり、とてもうれしく思います。
前回は静岡で、私の劇団と『戦争-Guerra』『沈黙-Il Silenzio』の二つの作品を上演しました。
雨が降る中で上演を続け、観劇してくださったお客さまも、小道具の原稿も雨に濡れたのをよく覚えています。
終演後のトークでも、皆様ずぶ濡れになりながらじっと私を見つめて話を聞いてくださっていました。
この演劇祭は、そういう、本当にすばらしい機会です。
そんな場所に戻ってこられることを、うれしく思います。
今回はぺぺと一緒に行きますが、前回とは違って独りで、語りの芝居(モノローグ)をやります。
このモノローグは、前回の静岡でも出演したボボを含めた色々な人達との出会いや、
病気や死との戦い、その中に見出す幸せ、そして「演劇」そのものをテーマにしています。
この作品をあなた方の演劇祭で上演することが、とても大事なことだと考えています。
では、またすぐお会いしましょう。チャオ!

・・・・・・・・

デルボーノ自らが、病や死との戦いを経てきた壮絶な人生を、即興で語る『六月物語』。
演劇とは「言葉をみずからの命をこめて読む」ことであると話すデルボーノ。
「死」に向き合ってきたから彼だからこそ描き出すことのできる、繊細で強靭な「生」への讃歌です。
楕円堂という親密な空間に立ち現われる、1ステージ限りの貴重な上演をお見逃しなく。

席数が限られますので、どうぞお早目にお問い合わせください。

==========
六月物語
構成・演出・出演:ピッポ・デルボーノ
5月1日(月)20:00
舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」
詳細はこちら 
==========

Event Schedule