INFORMATION

information 最終更新日:2017年3月25日 4:41 PM

『1940-リヒャルト・シュトラウスの家-』SPACチケットセンター取り扱い分 完売のお知らせ

静岡音楽館AOI×SPAC-静岡県舞台芸術センター 共同事業
1940-リヒャルト・シュトラウスの家-』の公演につきまして、
SPACでのチケット取り扱いは予定枚数を終了いたしました。
たくさんのお申し込みをいただきましてありがとうございました。

今後、ご予約・残席状況に関しては
静岡音楽館AOI 054-251-2200(9:00~21:30 月休)
へお問い合わせください。
残席わずかとなっておりますのでお早めにどうぞ。

information 最終更新日:2017年3月23日 10:03 AM

SPAC『アンティゴネ』アヴィニョン演劇祭のオープニング作品に決定!!

このたびSPACは、2014年に続き、世界最高峰の演劇の祭典「アヴィニョン演劇祭」(フランス)に数少ない公式プログラムとして招聘され、宮城聰演出の『アンティゴネ』を同演劇祭のオープニング作品としてメイン会場「法王庁中庭」で上演することが決定しました。アジア圏の劇団が「法王庁中庭」でオープニングを飾るのは、71年の演劇祭の歴史上初めてのことです!

なお、本作は、アヴィニョンに先立ち、ゴールデンウィークに開催する「ふじのくに⇄せかい演劇祭」「ふじのくに野外芸術フェスタ」において、静岡市内駿府城公園で上演いたします!静岡から世界に発信される本作を、どうぞお見逃しなく!!

DSC_4299

「アヴィニョン演劇祭」とは?
1947年に開始され、現在では公式プログラム(IN)約40作品、自主参加(OFF)の約1,300作品が上演される、文字通り世界最高峰の演劇祭であり、「世界の演劇人の目標地点」と言われています。メイン会場は「アヴィニョン法王庁中庭」を筆頭に、「ブルボン石切場」、新設の屋内劇場「ラ・ファブリカ」などがあります。特に「法王庁中庭」で上演されるオープニング作品は、「ヨーロッパ演劇界注目の一大イベント」としてフランスの全国紙で大きく取り上げられ、しばしばヨーロッパの国営放送局で生中継されます。
2014年、SPACの『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』は、日本の現代演劇作品としては実に20年ぶりに公式プログラムとして招聘され、メイン会場のひとつ「ブルボン石切場」で上演されました。壮大かつ創意に富んだ演出や舞台装置は注目を集め、約1,000席の観客席は連日満席、終演後はスタンディングオベーションが起こりました。また、フランスの有力紙がこぞって絶賛、ル・モンドにおいて「美しいスペクタクルが到来した」「われわれは至福を味わうことができた」と評されました。
Website: http://www.festival-avignon.com
Facebook: https://www.facebook.com/festival.avignon

100725_RdL_0853

SPAC新作 演劇/日本
第71回アヴィニョン演劇祭 オープニング招待作品
アンティゴネ 時を超える送り火

構成・演出:宮城聰
作:ソポクレス / 訳:柳沼重剛 / 音楽:棚川寛子 / 空間構成:木津潤平
衣裳デザイン:高橋佳代 / 照明デザイン:大迫浩二 /ヘアメイク:梶田キョウコ
出演:美加理、本多麻紀、赤松直美、阿部一徳、石井萠水、泉陽二、大内米治、大高浩一、加藤幸夫、貴島豪、榊原有美、桜内結う、佐藤ゆず、鈴木真理子、大道無門優也、武石守正、舘野百代、寺内亜矢子、永井健二、布施安寿香、牧山祐大、三島景太、宮城嶋遥加、森山冬子、山本実幸、吉植荘一郎、吉見亮、若菜大輔、渡辺敬彦

◎アヴィニョン公演
公演日:2017年7月6日(木)~12日(水) ※オープニング公演:7月6日(木)
公演数:全6公演(7/6(木)、7(金)、8(土)、10(月)、11(火)、12(水)/ 9日(日)休演)
会 場:アヴィニョン法王庁中庭(客席数:約2,000席)

◎静岡公演
公演日:2017年5月4日(木・祝)、5日(金・祝)、6日(土)、7日(日) 各日18:30 [4公演]
会 場:駿府城公園 紅葉山庭園前広場 特設会場(静岡市葵区駿府城公園1)
★詳細は「ふじのくに⇄せかい演劇祭2017」特設サイトをご覧ください。
http://festival-shizuoka.jp/program/antigone/

▼プロモーション映像

DSC_3940 (1)

625ー27

information 最終更新日:2017年3月11日 8:29 PM

演劇祭パスポート完売のお知らせ

ふじのくに⇄せかい演劇祭2017「演劇祭パスポート」は完売となりました。
お申し込みくださった皆様、ありがとうございました。

これから複数の演目をご予約されるお客様には、
SPACの会へのご入会もおすすめです。

*年会費10,300円(満60歳以上の方は9,300円)
*静岡芸術劇場と野外劇場「有度」での作品を年間3公演ご招待
*ご招待対象外の公演をご購入の際は会員割引あり(1公演4100円→3400円)
 ※年間3回のご招待および会員割引は、秋→春のシーズンでもご利用いただけます。

SPACの会 詳細はこちら:
http://spac.or.jp/club_spac

information 最終更新日:2017年3月9日 7:04 PM

リビング静岡×SPAC 『アンティゴネ ~時を超える送り火~』鑑賞講座&稽古見学会 開催

静岡のくらしに役立つ情報満載のタウン情報紙「リビング静岡」3月11日発行号に「ふじのくに⇄せかい演劇祭2017」の情報が掲載されました。

IMG_3239 (2)

演劇でゴールデンウィークをもっと楽しもう!ということで、鑑賞講座と稽古見学会を開催!
演劇祭の楽しみ方や、宮城演出の野外劇『アンティゴネ ~時を超える送り火~』の面白さや見どころなどを、SPAC俳優の横山央がご紹介いたします。講座の参加者と一緒にご観劇いただける公演チケット付きです!舞台の素晴らしさを多くの演劇ファンと共有したい方、また観劇が初めての方にもおすすめです♪

鑑賞講座
【日時】①4/5(水)13:30~|②4/5(水)18:30~|③4/8(土)13:30~
【会場】リビングカルチャーセンター(静岡市葵区伝馬町16-8)

稽古見学会
【日程】4/16(日)
【会場】静岡芸術劇場

観劇
【日時】5/5(金・祝)18:30開演 『アンティゴネ ~時を超える送り火~』
【会場】駿府城公園 紅葉山庭園前広場 特設会場

【講師】横山央(SPAC俳優)
【参加費】4,100円 ※『アンティゴネ ~時を超える送り火~』5/5(金・祝)のチケット代金含む
【問合せ・申込み】静岡リビング新聞社 TEL.054-255-1231(平日10:00~17:00)

定員15名!早い者勝ちです!!皆様のご参加をお待ちしております。

information 最終更新日:2017年2月15日 4:02 PM

「ふじのくに⇄せかい演劇祭2017」特設サイトがオープンしました!

本日、演劇祭特設サイトのオープンと同時に、全上演ラインナップが公開となりました。
この後も、各作品のPVや最新情報を続々アップしていきますので、どうぞお見逃しなく!

注目は宮城聰演出のギリシア悲劇『アンティゴネ』とタニノクロウの新作『MOON』。また、フランス・ドイツ・イタリア、そしてシリアからも注目作が初来日。「お茶摘み」をはじめとする関連企画も盛りだくさん!ゴールデンウィークは静岡へGO♪

◆チケット発売日◆
SPACの会会員様:2/18(土)10:00
一般のお客様:2/25日(土)10:00

4演目以上でお得になる〈演劇祭パスポート〉も販売いたします。
パスポートを利用して全作品を制覇!限定数販売となりますのでご購入はお早めに♪
詳細はこちらをご覧ください。

そして…
P1250833_m
演劇祭ガイドパンフレットも完成!

SPACの劇場のほか、県内外の文化施設や飲食店などにもドンドン設置してまいりますので、是非見かけたらお手に取ってみてください。

↑ Page Top
Event Schedule