歓喜のうた)

© Luca Del Pia

Program Information

ジャンル/都市名 演劇/モデナ
公演日時 5/5(日・祝)13:00、5/6(月・休)13:00
会場 静岡芸術劇場
上演時間 100分
上演言語/字幕 イタリア語上演/日本語字幕
座席 全席指定
構成・演出 ピッポ・デルボーノ
製作 エミーリア・ロマーニャ演劇財団
© Luca Del Pia
© Luca Del Pia
© Luca Del Pia

作品について

どんなに苦しい人生の道のりにも、幸せの花は咲く

劇空間を生む詩人、また映画人として、ヨーロッパでも特筆されるアーティスト、ピッポ・デルボーノ。これは彼が、それぞれに困難を抱えるかけがえのないパートナーたちと、20年以上にわたり共に歩んできた道程の振り返りであり、最後のランドマークである。何もない空間を満たす詩の言葉、不思議な人々、サーカスのパレード、そしてベルギーの巨匠ティエリ・ブテミのデザインによる喜びの花々。孤独と狂気に囚われた男の心を、暖かな光が徐々に解きほぐしていく。明滅の中に投げ込まれたイメージの数々は、まるでフェリーニの映画を見ているかのように、観客の記憶やささやかな幸福を呼び覚ます。迷うことは何もない。そこに幸せの花は咲いているのだから。

あらすじ

舞台に生えた一輪の花。男が水をやると、それは花畑のように広がっていく。闇、一人の男が語りだす。かけがえのない仲間たちのことを、そして孤独と狂気に苦しみ檻に囚われる自分のことを。おびただしい衣服、整然と床に並べられる紙の船。明滅の中で女は踊り続け、男は喜びを求め絶叫する――。やがて暖かな光が差し、華が咲き始める。

演出家プロフィール

ピッポ・デルボーノ Pippo DELBONO
1959年イタリア・ヴァラッツェ生まれ。演出家、劇作家、俳優。80年代にピッポ・デルボーノ・カンパニーを立ち上げ、87年に『暗殺者の時』を発表、ヨーロッパや南米を中心に300回に渡り上演を重ねる。90年にはピナ・バウシュとのコラボレーションも行なう。97年、アヴェルサ精神病院で行ったワークショップをもとに、障害者、ホームレスの人々と『浮浪者たち』を制作。以後このメンバーの多くが劇団の一員として活動を続ける。人間の生を鋭く見つめ詩的に描く作品で高く評価され、アヴィニョン演劇祭、ウィーン芸術週間、ヴェネツィア・ビエンナーレ等で上演。2018年秋にはパリ・ポンピドゥーセンターで回顧展が行われた。静岡では07年『戦争』と『沈黙』、17年『六月物語』を上演。

トーク

◎プレトーク:各回、開演25分前より
◎アーティストトーク:5/6(月・休)終演後

出演者/スタッフ

構成・演出:ピッポ・デルボーノ
花構成:ティエリ・ブテミ
音楽:ピッポ・デルボーノ、アントワーヌ・バタイユ、ニコラ・トスカーノ ほか
出演:ドリー・アルベルティン、ジャンルーカ・バッラレー、マルゲリータ・クレメンテ、ピッポ・デルボーノ、イラーリア・ディスタンテ、シモーネ・ゴッジャーノ、マーリオ・イントルーリオ、ネルソン・ラリッチャ、ジャンニ・パレンティ、ペペ・ロブレード、ザクリア・サフィ、グラツィア・スピネッラ

製作 エミーリア・ロマーニャ演劇財団 Emilia Romagna Teatro Fondazione
共同製作:リエージュ劇場 Théâtre de Liège、 ル・マネージュ – モブージュ国立舞台 Le Manege Maubeuge – Scene Nationale

注意事項

◎静岡芸術劇場には、未就学児と一緒にご観劇いただける親子室がございます(先着3名様)。未就学児との観劇をご希望の方は、お問い合わせください。
◎一部、ストロボによる激しい点滅や喫煙シーンがあります。

↑ Page Top
Event Schedule