ふじのくに野外芸術フェスタ2019

マダム・ボルジア

© 加藤孝

Program Information

ジャンル/都市名 演劇/静岡
公演日時 5/2(木・休)18:45、5/3(金・祝)18:45、5/4(土・祝)18:45、5/5(日・祝)18:45
会場 駿府城公園 紅葉山庭園前広場 特設会場
上演時間 未定(120分以内)
上演言語/字幕 日本語上演/英語字幕
座席 全席自由
構成・演出 宮城聰
製作 SPAC-静岡県舞台芸術センター

Coming soon !

作品について

新たな野外劇、まさに誕生のとき
戦国の乱世を生きる悪女が、今宵、炎上する――

男たちの陰謀、嫉妬・・・渦巻く憎悪に翻弄されながら、したたかに生きる女――。ルネサンス期のイタリアに実在し、かのヴィクトル・ユゴーが描いた稀代の悪女、ルクレツィア・ボルジア。宮城聰はこの美しき女傑を、同時期の日本、すなわち戦国時代後期に生み落とす!人を殺めることも厭わない鬼女の顔に、生き別れた息子を想う母の情愛が見え隠れし・・・。舞台は夕刻の駿府城公園、群雄割拠の戦乱に生きる男たちは、時にきらびやかに着飾り、踊りに興じる。華やぐ空気の裏で行き違う思惑。手に汗握る修羅場は次なる修羅場を呼び、愛憎の底へと燃え堕ちていく。祝祭音楽に彩られた痛快スペクタクル、その幕は切って落とされる!!

あらすじ

とある宮殿のテラス、仮面舞踏会でルクレツィアは手許から離した息子ジェンナロを偶然にも探し当て、母であることを隠したまま、ジェンナロの未だ見ぬ母への想いに耳を傾ける。しかし、ボルジア家に恨みを持つジェンナロの友人達からひどい仕打ちを受け、その場で気を失う――。屈辱を晴らすべくルクレツィアは青年らを自国に呼び寄せ、復讐の夜宴での毒殺を企てていた。ある日、ボルジアの宮殿の紋章を汚すいたずら事件が起き、ルクレツィアは夫アルフォンソに犯人の死を誓約させるが、捕らえられたのはジェンナロだった…。

演出家プロフィール

© 新良太

宮城 聰 MIYAGI Satoshi
1959年東京生まれ。演出家。SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督。東京大学で小田島雄志・渡邊守章・日高八郎各師から演劇論を学び、90年ク・ナウカ旗揚げ。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出で国内外から高い評価を得る。2007年4月SPAC芸術総監督に就任。自作の上演と並行して世界各地から現代社会を鋭く切り取った作品を次々と招聘、またアウトリーチにも力を注ぎ「世界を見る窓」としての劇場運営をおこなっている。17年『アンティゴネ』をフランス・アヴィニョン演劇祭のオープニング作品として法王庁中庭で上演、アジアの演劇がオープニングに選ばれたのは同演劇祭史上初めてのことであり、その作品世界は大きな反響を呼んだ。他の代表作に『王女メデイア』『マハーバーラタ』『ペール・ギュント』など。2004年第3回朝日舞台芸術賞受賞。2005年第2回アサヒビール芸術賞受賞。2018年平成29年度第68回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

トーク

◎プレトーク:各回、開演35分前よりフェスティバルgardenにて

出演者/スタッフ

構成・演出:宮城聰
作:ヴィクトル・ユゴー
訳・翻案:芳野まい
音楽:棚川寛子
振付:太田垣悠
照明デザイン:大迫浩二
衣裳デザイン:駒井友美子
小道具デザイン:深沢襟
ヘアメイク:梶田キョウコ
出演:SPAC/美加理、阿部一徳、大内米治、大高浩一、片岡佐知子、加藤幸夫、河村若菜、貴島豪、黒須芯、小長谷勝彦 、鈴木真理子、関根淳子、大道無門優也、ながいさやこ、布施安寿香、牧山祐大、宮城嶋遥加、森山冬子、山本実幸、吉植荘一郎

製作:SPAC-静岡県舞台芸術センター
主催:ふじのくに野外芸術フェスタ実行委員会
共催:静岡市

注意事項

◎未就学児との入場はご遠慮ください。
◎背もたれのない客席になります。
◎雨天でも上演いたします。客席では傘をご利用いただけませんので、雨ガッパなどをお持ちください。夕方以降は冷え込みますので、防寒着をご用意ください。

↑ Page Top
Event Schedule