MOON

Illustration © Caspar PICHNER

Program Information

ジャンル/国名 演劇/日本
公演日時 4/29(土)19:00、4/30(日)18:30、
5/3(水・祝)18:30
会場 舞台芸術公園 野外劇場「有度」
上演時間 未定(120分以内)
作・演出 タニノクロウ
作品イメージ © TANINO Kuro
2015年『タニノとドワーフ達によるカントールに捧げるオマージュ』
© 田中亜紀
2015年『タニノとドワーフ達によるカントールに捧げるオマージュ』
© 田中亜紀

作品について

野外に解き放たれる、奇才タニノクロウの新境地

昨年、岸田國士戯曲賞を受賞し、今まさに勢いにのる演出家タニノクロウ。受賞後初となる新作を、野外劇場「有度」にて発表する。元精神科医というキャリアを持ち、独特の作品世界を生み出してきたタニノがいま関心を寄せるのは、観客と俳優、光や音、そして空間をつなぎ合わせる「場の一体化」。15年にはワークインプログレスとして、『タニノとドワーフ達によるカントールに捧げるオマージュ』を東京芸術劇場にて上演。観客を巻き込んでいく演出は大きな反響を呼び、その発展形を望む声も多くあがった。今回、野外の開放的な空間を得て、よりダイナミックに観客との共同作業が展開する。

2つの才能がひとつになり、観客とともに創り上げる集大成

タニノが本作でタッグを組むのは、舞台・映画美術で活躍するカスパー・ピヒナー。タニノがドイツの公共劇場から委嘱を受けた『水の檻』で2人は運命的に出会い、『タニノとドワーフ達(以下略)』で「場の一体化」というイメージを共有した。彼らは本作をその集大成と位置付けている。タニノにとって、境界線のない自由な心を引き出してくれるピヒナーは、この挑戦に不可欠な存在だ。2人の遊び心あふれる仕掛けによって、いかに観客は導かれ、どのような場が生み出されるのか。「奇跡を見てみたい」とタニノ自身が語る今回、2つの才能によって他に類を見ない実験的な舞台が誕生する。

演出ノートより

私たち参加者は自由と美を持ち寄って「MOON」に集まる。私たちは互いの顔や言葉が分からなくても、不安や恐怖を好奇心に変えて世界を捉えていく。この作品との過ごし方は自由であること。参加者の動くこと全て、感じること全てが時間を作り、物語を作ること。それが力強い希望であること。

タニノクロウ 演出ノートより

演出家プロフィール

© 山内信也

タニノクロウ TANINO Kuro
1976年富山県出身。「庭劇団ペニノ」の主宰、座付き劇作・演出家。セゾン文化財団シニアフェロー(2015年まで)。2000年医学部在学中に「庭劇団ペニノ」を旗揚げ。以降全作品の脚本・演出を手がける。ヨーロッパを中心に、国内外の主要な演劇祭に多数招聘。劇団公演以外では、2011年1月には東京芸術劇場主催公演で『チェーホフ?!』の作・演出を担当。狂気と紙一重な美しい精神世界を表現し、好評を得る。15年3月ドイツにて新作『水の檻』を発表。16年『地獄谷温泉 無明ノ宿』にて第60回岸田國士戯曲賞受賞。2016年北日本新聞芸術選奨受賞。16年同劇団が文化庁芸術祭演劇部門優秀賞受賞。

プロダクションデザイナープロフィール

カスパー・ピヒナー Caspar PICHNER
プロダクションデザイナー。ベルリン・HAU劇場をはじめ、マキシム・ゴーリキー劇場、シャウシュピールハウス・フランクフルト、オーバーハウゼン劇場、東京芸術劇場などで様々な演出家と作品創作を行う。また、美術監督を担当した映画『Love Steaks』は、ミュンヘン国際映画祭にてジャーマン・シネマ・ニュータレント・アワードの全部門と、マックス・オフュルス賞を受賞している。タニノクロウとの創作は『MOON』で3作品目となる。

出演者/スタッフ

作・演出:タニノクロウ
プロダクションデザイン:カスパー・ピヒナー
出演:マメ山田、赤星満、プリティ太田、ブッタマン、鍋田亜由美

製作:SPAC-静岡県舞台芸術センター、合同会社アルシュ
共同製作:東京ドイツ文化センター GOETHE INSTITUT
助成:公益財団法人セゾン文化財団 THE SAISON FOUNDATION
Mプロジェクト

注意事項

◎本作は参加型の作品です。ご来場の皆様にはヘルメットをご着用いただきます。
◎会場内へのお荷物の持ち込みは制限させていただく場合がございます。クロークをご利用ください。

↑ Page Top
Event Schedule