アート・オブ・サーカス

Scala –夢幻階段

© Géraldine Aresteanu

Program Information

ジャンル/都市名 演劇・ダンス・サーカス/パリ
公演日時 4/27(土)13:00、4/28(日)13:00、4/29(月・祝)13:30
会場 静岡芸術劇場
上演時間 60分
座席 全席指定
コンセプト・演出・舞台美術 ヨアン・ブルジョワ
製作 ラ・スカラ・パリ – レ・プティット・ズゥール
© Géraldine Aresteanu
© Géraldine Aresteanu
© Géraldine Aresteanu

作品について

身体は浮遊する、エッシャーのだまし絵に迷い込んだように・・・

そびえ立つ階段、宙に身を投げる男・・・しかし次の瞬間、時計を逆回しするかのごとく身体はステップに舞い戻る。まるでだまし絵のように現象は歪み、無限にループしていく――。今世界中で「サーカス」をバックグラウンドに持つアーティストに熱い視線が向けられている。中でもヨアン・ブルジョワは重力や錯覚を操るマジカルな空間演出で注目を集め、回転する螺旋階段やトランポリン、巨大振り子を用いたパリ・パンテオン廟でのパフォーマンス動画は日本でも話題になったばかり。パリ・スカラ劇場で創作された“Scala”は、イタリア語で「階段」の意味も持つ。アクロバット・アーティストの驚異的な身体が生む異次元空間、体験しない手はない。

あらすじ

入り組んだ無機質なフロア。あるのは簡素な椅子と机、ベッド、そしてどこへ続くともしれない階段。ドアから外に飛び出したはずの男は、また空間に立ち尽くしている・・・。彼、彼女は一人なのか、それとも?

演出家プロフィール

© Géraldine Aresteanu

ヨアン・ブルジョワ Yoann BOURGEOIS
ジャグラー・俳優・ダンサー・演出家。フランス東部ジュラ県の小さな村で育つ。シャロン=アン=シャンパーニュの国立サーカス芸術センター、アンジェ国立コンテンポラリーダンスセンターを卒業後、リリュー=ラ=パプ国立振付センターや、カンパニー・マギー・マランなどで様々な作品に出演する。2010年よりサーカス、コンテンポラリーダンスそして演劇を融合した独自の作品創作を開始。パリのパンテオン廟でのパフォーマンス動画は、世界的に話題となる。18年10月に、パリ・スカラ劇場のリニューアルオープン作品として『Scala』を発表、現在フランス各地をツアーしている。16年よりグルノーブル国立振付センターの芸術監督を、振付家ラシッド・ウランダンとともに務める。

トーク

◎プレトーク:各回、開演25分前より
◎アーティストトーク:4/29(月・祝)終演後

出演者/スタッフ

コンセプト・演出・舞台美術:ヨアン・ブルジョワ
アーティスティック・アシスタント:津川友利江
出演:メヘディ・バキ、ヴァレリー・ドゥセ、ダミアン・ドゥロワン、オリヴィエ・マチュー、エミリアン・ジャンヌトー、フロランス・ペイラール、ルカ・ストゥルナ

製作:ラ・スカラ・パリ – レ・プティット・ズゥール
助成:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

注意事項

◎静岡芸術劇場には、未就学児と一緒にご観劇いただける親子室がございます(先着3名様)。未就学児との観劇をご希望の方は、お問い合わせください。
◎4/28(日)の公演は、グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスがございます。ご希望の方は、4/21(日)までにSPACチケットセンターへご連絡ください(対象:2歳以上の未就学のお子様)。

↑ Page Top
Event Schedule