六月物語

© Caterina DE BARTOLO

Program Information

ジャンル/国名 演劇/イタリア
公演日時 5/1(月)20:00
会場 舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」
上演時間 90分
上演言語/字幕 イタリア語上演/日本語字幕、日本語通訳
座席 全席自由
構成・演出・出演 ピッポ・デルボーノ

作品について

生まれながらのストーリーテラー、ピッポによって世界が語り尽くされる!

むきだしの舞台、あるのはテーブルとイス、一本のビール瓶。研ぎ澄まされた空間で、ピッポ・デルボーノは即興で語りだす。昔話、自身の思い出、そこに挟み込まれる寓話、自由や愛についてのポエム、そしてそれらを抑圧するものへの抵抗の叫び…。語られる断片は個人的なようでいて、言葉が重なり合い紡がれる物語は、まるで空気中に漂う記憶や悲しみと共鳴するかのように膨らみ、誰しもの心をゆさぶる。『戦争』『沈黙』の2作を披露し衝撃を与えた2007年の初来日公演から、待ちに待った日本初演作。1ステージのみの貴重な上演が、静謐な楕円堂の舞台で実現する。

あらすじ

イタリアの小さな村、信仰あつい家にデルボーノは生まれた。教会のクリスマスの催しで幼子キリストを演じたのが最初の演劇体験だった。思春期に薬物を常習する一方で、生への強い希求は彼を演劇へと駆り立てる。恋人の突然の死、孤独、そして自身の病。常に死と隣り合わせに生きる中、ある時、ろうあ者で全盲のボボと出会う。長く精神病棟に入院していた彼を連れ出し、向かった故郷への旅で、二人は新たな世界を発見していく。

演出家プロフィール

ピッポ・デルボーノ Pippo DELBONO
演出家、劇作家、俳優。1986 年に自身の劇団を立ち上げ『暗殺者の時』を発表、ヨーロッパや南米を中心に300 回に渡る上演を重ねる。90年には『壁』(90)でピナ・バウシュとのコラボレーションを行なった。97 年、アヴェルサ精神病院で行ったワークショップをもとに、障害者、ホームレスの人々と『浮浪者たち』を制作。以後このメンバーの多くが劇団の一員として活動を続ける。「Shizuoka 春の芸術祭 2007」で上演した『戦争』『沈黙』 をはじめ、アヴィニョン演劇祭、 ウィーン芸術週間、ヴェネツィア・ビエンナーレ等で多数の作品を発表。人間の生を鋭く見つめ、詩的かつ衝撃的に舞台上に描き出し、各地で絶賛を受けている。

出演者/スタッフ

構成・演出・出演:ピッポ・デルボーノ

製作:エミリア=ロマーニャ州演劇財団、ピッポ・デルボーノ・カンパニー

↑ Page Top
Event Schedule