<ドキュメンタリー映画>

コンゴ裁判 ~演劇だから語り得た真実~

Program Information

ジャンル/国名 ドキュメンタリー映画/ドイツ・スイス
公演日時 4/27(土)15:00、4/28(日)15:00
会場 グランシップ 映像ホール
上映時間 100分
上映言語/字幕 フランス語上映/日本語・英語字幕
脚本・監督 ミロ・ラウ
製作 フルーツマーケット、ラング・フィルム

作品について

悲劇の現場でのかつてない演劇実験――。現実を突き動かす奇跡の記録。

コンゴ戦争は過去の出来事ではない。レアメタルをめぐる世界経済が複雑に絡み、今も虐殺や民族紛争が続くが、多くは真相が解明されることも加害者が裁かれることもない。この過酷な現実に、スイス人演出家ミロ・ラウが「演劇」で風穴を開ける。彼は現地で模擬法廷を立ち上げ、人々に「演劇作品に参加してほしい」と呼びかけた。被害者、加害者のみならず法曹関係者、多くの市民がこれに応じ、告白の時が訪れる。判決に法的拘束力はないが、このドキュメンタリー映画はコンゴ各地で上映され、実際に法廷を設置する動きが生まれている。『Hate Radio』でルワンダ虐殺を扇動したラジオ放送を舞台上に完全再現したラウが、再び世界に衝撃を与える。

あらすじ

600万人以上の死者を出したコンゴ戦争。ミロ・ラウは、その後も紛争が続く現地を頻繁に訪れ、リサーチを重ねる中で虐殺の現場に出くわす。裁かれることのない紛争の現実を前に、彼は「演劇への参加」を呼びかけた。事件当事者、州知事や内務大臣、国際鉱山会社の弁護士、またハーグ国際刑事裁判所判事や地元の人権派判事らが一堂に集まり、「コンゴ裁判」が撮影される。裁判はコンゴ東部、そしてベルリンでも行われ、虐殺、国際企業による土地収奪、環境汚染など多くの問題が明らかになっていく。

演出家プロフィール

© Hannes Schmid

ミロ・ラウ Milo RAU
1977年、スイス・ベルン生まれ。演出家、劇作家、ジャーナリスト、エッセイスト、研究者、コンセプチュアル・アーティスト、映画制作者として活動し、多彩な才能を発揮している。2002年以降、演劇、映画、書籍など50以上の作品を発表、その創作は主要な国際フェスティバルをはじめ世界30ヶ国以上で紹介されている。07年に「インターナショナル・インスティテュート・オブ・ポリティカル・マーダー(IIPM)」を創立。演劇やファインアート、映画など様々な手法で政治的犯罪を考察する作品を発表する。「ふじのくに⇄せかい演劇祭」では13年に『Hate Radio』を上演。現在、NTヘント(ベルギーの公立劇場)の2018/2019シーズンのディレクターを務める。

出演者/スタッフ

脚本・監督:ミロ・ラウ

製作:フルーツマーケット、ラング・フィルム
共同製作:IIPM – International Institute of Political Murder、SRF、SRG SSR、ZDF/ARTE

注意事項

◎未就学児との入場はご遠慮ください。

↑ Page Top
Event Schedule