ダマスカス While I Was Waiting

© Didier NADEAU

Program Information

ジャンル/国名 演劇/シリア
公演日時 5/3(水・祝)14:30、5/4(木・祝)13:00
会場 静岡芸術劇場
上演時間 100分
上演言語/字幕 アラビア語上演/日本語字幕
座席 全席自由
演出 オマル・アブーサアダ
© Didier NADEAU
© Didier NADEAU
© Didier NADEAU

作品について

混乱の地に生きつづける人々、その息づかいを間近に聞く

出口の見えない内戦状態が続くシリア。政府側と内部分裂した反政府勢力との戦闘は、IS(通称イスラム国)の台頭や大国の思惑によって一層泥沼化している。その首都、ダマスカスにとどまり活動する演出家と、シリアからの亡命を余儀なくされた劇作家が、議論を重ねこの地に生きる人々の姿をリアルに描いた。ダマスカスの「今」を映像や音を通じて記録しようとする若者とその家族の物語から、複雑きわまる政情の渦中で生活を営む人々の不安と希望を浮き彫りにしていく。昨年5月に発表され、名だたる国際演劇祭で脚光を浴びた話題作が、早くも静岡芸術劇場に登場する。

シリア人自ら描く現地の「リアル」。絶望の中に希望の視点

舞台は、何者かに襲われ昏睡状態に陥った若者が、肉親や見舞客らを2階部分から見下ろす重層的なセットの中で展開する。演じていない役者たちも舞台上に留まり、両脇から成り行きを見つめる。若者の活動を引き継ごうとする者、反発する者、それを見守る者、いずれもシリアに留まり生き続けようとする人々の実像そのもの。役者たちのたたずまいは想像を絶する生々しさを放ち、観客は彼らをとりまく厳しい現実が我々の生きる世界と地続きであると、痛烈に体感することになる。絶望の中にありながら希望にも視点が置かれ、苦闘する人々の迷いと決断が深く胸を打つ。

あらすじ

ダマスカスに住む青年タイームは、民主化運動に身を投じたものの、政府に武器で抵抗する仲間から平和路線を批判される。そんな中、生まれ育った愛すべき街を映像で記録することに自身の使命を見出し始める。だがある日、彼は検問所で何者かに襲撃され、意識不明の重体に——。彼を世話する家族や、見舞う友人、恋人の会話を見つめるタイーム。彼ら一人一人の日常もまた、シリアという国の政治的難局に狂わされていた。

演出家プロフィール

© Isabelle MEISTER

オマル・アブーサアダ Omar ABUSAADA
1977年生まれ。シリア出身の演出家。2001年にダマスカスの演劇学校を卒業後、ドラマトゥルク、演出家として活動を開始する。02年に劇団Studio Theatre を共同で設立し、04年に初演出作『不眠症』を上演。その後『許し-少年刑務所の受刑者との即興劇』(09年)、『シャティーラのアンティゴネ』(14年)などを演出。近年はシリアの伝統と新しい手法を組み合わせた同時代的な脚本や、中東の様々な村の人々との出会いを基にしたドキュメンタリー演劇に取り組んでおり、政治・社会的問題意識に基づいた作品は、数々の国際演劇祭でも紹介されている。現代演劇の劇作・演出ワークショップも活発に行っている。

作家プロフィール

ムハンマド・アル=アッタール Mohammad AL ATTAR
1980年生まれ。シリア出身の劇作家、ドラマトゥルク。ダマスカス大学で英文学を学んだ後、ダマスカスの演劇学校で演劇を学ぶ。2010年にはロンドン大学ゴールドスミス・カレッジで応用演劇の修士号を取得。『撤退』『オンライン』『親密さ』『シャティーラのアンティゴネ』など多くの作品が、ダマスカス、ヨーロッパ主要都市、ニューヨーク、ソウルなどで上演されている。劇作のほかには、雑誌や新聞でシリア蜂起についての記事も数多く執筆しており、アラブ世界で疎外されている人々との演劇を利用したプロジェクトも継続して取り組んでいる。

トーク

◎プレトーク:各回、開演35分前より
◎アーティストトーク:5/3(水・祝)終演後

出演者/スタッフ

演出:オマル・アブーサアダ
作:ムハンマド・アル=アッタール
出演:アマル・オムラーン、ムハンマド・アール=ラシー、ナンダ・ムハンマド、ムアイヤド・ルーマイエ、ムハンマド・アッ=リファーイー、リハーム・アル=カサール

共同製作:アヴィニョン演劇祭、アラブ芸術文化財団(AFAC)

↑ Page Top
Event Schedule