オリヴィエ・ピィのグリム童話

『愛が勝つおはなし ~マレーヌ姫~』

© Christophe Raynaud de Lage/ Festival d’Avignon

Program Information

ジャンル/都市名 音楽劇/アヴィニヨン
公演日時 5/2(土)14:00・3(日・祝)11:00
会場 静岡芸術劇場
上演時間 60分
上演言語/字幕 フランス語上演/日本語字幕
座席 全席指定
作・演出・音楽 オリヴィエ・ピィ
製作 アヴィニョン演劇祭

Coming soon !

© Christophe Raynaud de Lage/ Festival d’Avignon
© Christophe Raynaud de Lage/ Festival d’Avignon
© Christophe Raynaud de Lage/ Festival d’Avignon

作品について

魅惑的なグリム童話の世界を歌で紡ぐオペレッタ

詩的な言葉と音楽で彩られる「オリヴィエ・ピィのグリム童話」、待望のシリーズ最新作は全編を歌で紡ぐオペレッタ。美しく快活なマレーヌ姫はとなりの国の王子とひかれあうも、王様の反対にあい、7年間、塔の中にとじこめられる。やっとの思いで塔からでた姫の前に広がっていたのは、争いで荒れはてた大地だった…。国は?家族は?となりの国の王子はどこに!?愛と行動力にあふれる姫がたどりついた先には。ノスタルジックなメロディーが音楽家でもある俳優たちの豊かな歌唱とピアノ、チェロの音色に乗り、遊び心あふれる舞台美術はドラマチックに物語をはこぶ。子どもも大人も心つかまれる、オリヴィエ・ピィの魔法がここに。

あらすじ

マレーヌ姫はとなりの国の王子とひかれあうが、父である王は国をより豊かにするため、となりの国との戦争をおこなうと宣言する。王子と結ばれればきっと平和がおとずれる!そんな願いもむなしく、王がすすめる結婚を拒んだマレーヌ姫は、塔の中に閉じ込められてしまう。7年後、やっとの思いで外へ出た姫の前に広がっていたのは、戦争で荒れ果てた大地だった。王子への揺るがぬ愛は、姫を再び運命の人の前へと運び…。

演出家プロフィール

© Christophe Raynaud de Lage

オリヴィエ・ピィ Olivier PY
劇作家、演出家、俳優。1965年、南仏グラース生まれ。87年にパリ国立高等演劇学校(コンセルヴァトワール)に入学、並行してカトリック学院で神学と哲学を学ぶ。95年、アヴィニョン演劇祭で上演時間24時間という異例の作品『常夜灯―果てしない物語』の7日間連続上演を敢行し、一躍脚光を浴びる。98年から2007年までオルレアン国立演劇センターの芸術監督、同年3月から12年までパリ・オデオン座の芸術総監督を務める。13年、アヴィニョン演劇祭のディレクターに就任。SPACではこれまでに『イリュージョン・コミック―舞台は夢』、『若き俳優への手紙』(08年)、「グリム童話」3部作(09年)、「オリヴィエ・ピィの『<完全版>ロミオとジュリエット』」(12年)、ピィ自身によるシャンソンライブ『ミス・ナイフ、オリヴィエ・ピィを歌う』(14年)、新演出版『グリム童話~少女と悪魔と風車小屋~』(16年)を上演。現代フランスを代表する劇作家・演出家のひとり。

トーク

◎プレトーク:各回、開演25分前より
◎アーティストトーク:5/2(土)終演後

出演者/スタッフ

作・演出・音楽:オリヴィエ・ピィ
舞台美術デザイン・衣裳・メイク:ピエール=アンドレ・ヴェーツ
照明:ベルトラン・キリー
音楽構成:アントニ・シコプーロス

出演:ダミアン・ビグルダン、クレマンティーヌ・ブルゴワン、ピエール・ルボン、フラナン・オベ、アントニ・シコプーロス

舞台美術制作:アヴィニョン演劇祭アトリエ
衣裳制作:リモージュ歌劇場アトリエ

製作:アヴィニョン演劇祭
共同製作:リモージュ歌劇場、ローザンヌ歌劇場、南アキテーヌ国立舞台、ジョルジュ・レイグ劇場

助成:Spedidam(第73回アヴィニョン演劇祭に対し)
協力:オデオン座
レジデンス:アヴィニョン演劇祭 ラ・ファブリカ

第73回アヴィニヨン演劇祭にて2019年7月5日に制作されました。

注意事項

◎静岡芸術劇場には、未就学児と一緒にご観劇いただける親子室がございます(先着3名様)。未就学児との観劇をご希望の方は、お問い合わせください。
◎5/2(土)の公演は、グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスがございます。ご希望の方は、4/19(日)までにSPACチケットセンターへご連絡ください(対象:2歳以上の未就学のお子様)。

↑ Page Top
Event Schedule